絵本

ねずみくんのクリスマス

クリスマスツリーは大きい方がいいの?

この絵本の内容紹介あらすじ

ねずみくんは、ねみちゃんを驚かせようとクリスマスツリーの飾り付けに励みます。

やっと完成したねずみくん自信作のクリスマスツリーですが、アヒルに小さいクリスマスツリーだと笑われてしまいます。

そして、アヒルが自慢げにねずみくんのクリスマスツリーより大きなクリスマスツリーを見せびらかします。ところが、アヒルのクリスマスツリーを見たウサギが小さなクリスマスツリーだと笑います。

次は、アヒルのクリスマスツリーより大きなクリスマスツリーを見せびらかしながらウサギは自慢げな様子です。ところが、ウサギのクリスマスツリーは小さいクリスマスツリーだとブタに笑われてしまいます

クリスマスツリーの大きさ比べはまだまだ続き、ブタよりも大きなクリスマスツリーを作るのはクマ、クマよりも大きなクリスマスツリーを作るのはゾウ、といったように体の大きな動物のほうが大きなクリスマスツリーを作るのでした。

そして最後は、ねみちゃんのクリスマスツリーですが、ねずみくんと一緒で小さすぎるとみんなから笑われてしまいます。ところが、ねみちゃんのクリスマスツリーはただの小さなクリスマスツリーではなかったのです。

最後の意外な展開に大笑いする動物達はたじたじとなり、ねみちゃんのアイデアにスカッとすること間違いなしのお話です。

出版社からの内容紹介

小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。

出版社「ポプラ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。