絵本

みらいのえんそく

出版社からの内容紹介あらすじ

今日は月面への宇宙遠足の日。生徒たちは地球が眺められるクレーターへ。 ところが一人の生徒が地球の絵を描いているうちにうっかり眠ってしまい、目が覚めると、クラスメートと宇宙船がいなくなっていた!
ひとり月面に取り残された生徒は・・・。

西暦2100年には月面遠足?
2019年は、月面着陸成功50周年記念イヤー!

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。