絵本

くんじくんのぞう

出版社からの内容紹介あらすじ

みかん色のぞうがともだちのくんじくん。寝ているときもお風呂も一緒。くんじくんは、何かを見つけては「どゅうー」と、お母さんに教えます。ある日のお母さんとピクニックに出かけたくんじくん。そこでも、「どゅうー」を見つけてトコトコ走り出しますが……。高山なおみがまだうまく言葉の出ない時期の子の幼気で幻想的な冒険のお話をつむぎ、中野真典が平面と立体をクロスオーバーさせた表現で、物語の世界を作り上げている。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。