絵本

くいしんぼうのあおむしくん

すべてを平らげてしまう食いしん坊の青虫が織りなす不思議な物語。

この絵本の内容紹介あらすじ

空と同じ色をした小さな青虫がまさおの帽子をむしゃむしゃと食べていました。青虫はとっても食いしん坊で、まさおの帽子を食べると段々と大きくなります。

食いしん坊の青虫は、まさおのおやつのパンもチョコレートも、それから紙くずまでもぺろりと平らげてしまいます。それでも、青虫のお腹は満たされません。

まさおが幼稚園から家に帰ってみると、青虫は絵本もおもちゃもクレヨンもどれも平らげてしまっていたのです。

まさおは腹を立てますが、お腹が空いて我慢ができなかったと青虫は涙を流しながら謝ります。そんな青虫の反省した姿を見たまさおは、青虫を許すことにします。

それでも、食いしん坊の青虫のお腹が満たされることはありません。そこで、まさおは町を練り歩きながら、家々を回ってはゴミを集めて青虫に食べさせます。

ところが、どれだけ食べても青虫のお腹が満たされることはありません。そして、空腹を我慢して一夜を過ごすことになる青虫ですが・・・・。

次の日、まさおが目を覚ますと、家もパパもママも何もなくなっていました。町すらもなくなってしまっていたのですが、その原因は青虫が全部食べてしまったせいだったのです。

まさおは悲しみに暮れながらも、青虫を連れて別の町を探すことにします。まさおと青虫はどうなってしまうのでしょうか。

なんでも平らげてしまう食いしん坊の青虫の行動には恐怖すら覚えてしまう物語ですが、最後はほっと一安心できる不思議な展開が待っています。

出版社からの内容紹介

ある日まさおの帽子についていたのは、何でも食べる青虫くん。最初は紙屑やごみを食べていたのですが、それだけでは足らず、家や船、まさおのパパやママ、町や国まで飲み込んでしまい、ついにはまさおのことまで食べてしまいます。ところが、青虫くんのおなかの中で、まさおが見たものは……。 著者が絵画教室の子どもたちに語っていたお話の中から生まれた、奇想天外な絵本。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。