絵本

風の子ふうた

出版社からの内容紹介あらすじ

ふうたは風の子。
まだひとりで、風袋をつかったことはありません。
きょうお父さんが、はじめていっしょにつれていってくれました。
お父さんは、大きな袋をあやつって、山々を秋の色に染めていきます。
ふうたが、こっそり持ちだした袋で吹き付けると、さあたいへん。
冷たい風が吹いて、みんな凍りついてしまいます。
お母さんが気がついて止めてくれたので、大事にならずにすみました 。

出版社「アスラン書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。