絵本

かにこちゃん

朝日が昇り夕日が沈むまでの海辺の一日をダイナミックに描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「おはよう おひさま おはよう みんな」と海に朝日が昇り始めると、海辺の砂浜に潜った赤いカニのかにこちゃんも顔を覗かせます。

小さな波が「しゃぷ しゃぷ ぴしゃ ぴしゃ」と押し寄せたかと思うと、次は大きな波が「どどどど ざぶーん」と押し寄せるのでかにこちゃんは慌てて海から離れます。

そして、かにこちゃんはカニ歩きで砂浜の山を登っていきます。砂山の頂上に着いたころ、海を見下ろしてみると・・・・、空が燃えるような海が燃えるような真っ赤に景色が色づきながらお日様は沈んでいきます。

海辺で過ごすかにこちゃんの朝日が昇り夕日が沈むまでの一日を描いたお話です。かにこちゃんが歩くときの「すこ すこ すこ すこ」という擬音や小さな波や大きな波を表現した擬音が面白く、太陽や海の大胆な色使いとかにこちゃんの愛らしい表情が魅力的な絵本です。

出版社からの内容紹介

赤いカニのかにこちゃんを主人公に、朝日がのぼり夕日が沈むまでの海辺の一日をダイナミックに表現しています。
リズミカルで想像力をかきたてる豊かな文章にあわせて、絵本のなかをあちこちと動き回る、かわいいかにこちゃん。かにこちゃんに打ち寄せる波しぶきや、燃えるような赤い夕日など、魅力あふれる絵でかにこちゃんの一日を描きます。

出版社「くもん出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。