絵本

いちばんでんしゃの うんてんし

運転士ってどんな仕事?一番電車の運転士の一日を描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

運転士さんのお仕事を覗いてみたい、そんな子どもたちの願いをかなえてくれる絵本です。

東京駅から終点高尾駅まで、一番電車の運転手さんのお仕事が丁寧に描かれています。
子どもだけでなく電車に乗ったことのある人ならきっと誰でも楽しむことができる、そんな一冊です。

朝4時39分に東京駅を出発する中央線の下り一番電車。この電車の運転士さんが目を覚ますところからお話は始まります。
まだ暗いなか、一番電車の出発前に運転士さんは何をするのでしょう?

出発の準備、そして東京から高尾まで電車を走らせながら、子どもたちが憧れる「うんてんしさん」のお仕事をひとつひとつ丁寧に描いていきます。

電車が大好きな子、大きくなったら運転士さんになりたいという子はもちろん、毎日電車に乗っている大人が読んでも「こんなことをしているんだ!」という驚きがたくさんあります。

子どもたちと一緒に運転士さんのお仕事を追いかけてみてください。
この絵本を読んだ後、きっと先頭車両から運転士さんの働く姿を覗きたくなるはずです。

出版社からの内容紹介

中央線、下り一番電車は、東京駅4時39分発、高尾行。一番電車の運転士は、4時前に東京駅の事務室から中央線ホームに向かい、電車を運転する前の大切な仕事「出区点検」を行います。運転台の機器だけではなく、台車や連結器、客室内の設備など、ひとつひとつ点検。そしてお客さんが乗車しドアが閉まると、いよいよ出発です。運転士の仕事はもちろん、すれ違う電車、駅や周囲の風景など楽しみながら高尾駅までどうぞご一緒に。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。