絵本

ひよよとおばけちゃん

ある日ひよよは可愛いおばけちゃんと出会います。次の日ひよよは友達におばけちゃんのことを伝えますが・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

ある夜、ひよよは可愛いおばけちゃんと出会います。

それから、ひよよはおばけちゃんのことを友達の青虫くんに伝えます。
「おばけちゃんに会ったよ。」
すると青虫くんはちょっとだけ怖いおばけを想像します。

次に青虫くんはウサギさんにおばけのことを伝えます。
「こんなかな?」
ウサギさんはもっと怖いおばけを想像します。

さらにウサギさんは小熊ちゃんにおばけが出たと伝えます。小熊ちゃんはさらに怖いおばけを想像します。子犬くん、キリンさん、ゾウさんへとお話しはドンドン伝わります。そのたび、おばけちゃんはドンドン怖いおばけとして伝わってしまうのでした。

みんなは、ひよよのお家に来て「怖いおばけが出たんだって?」と尋ねます。
そして、日が落ちて夜になるとおばけちゃんが出てきました。それはみんなが想像したような怖いおばけではなく、とっても可愛らしい姿のおばけちゃんだったのです。

可愛らしいイラストで描かれるひよよとおばけちゃん。2人の姿に思わずホッコリしてしまいます。
はじめは可愛いおばけに出会ったと伝えた話が、ドンドン広まっていき最終的におばけちゃんは、怖くて恐ろしいおばけとして伝わってしまいます。
噂話に尾ひれがつくという言葉があるように、噂話が間違って伝わることの怖さを伝えてくれるお話しです。

出版社からの内容紹介

ミキハウスオリジナルの読み聞かせ絵本です。 ひよよのえほんシリーズは「たのしくて やさしい えほん」がテーマです。
単純な繰り返しのストーリーですが、ワクワク・ドキドキしながら最後まで読み進められるよう作られています。

ちっちゃなひよよが、おばけちゃんに会いました。
「おばけちゃんに会ったよ」と嬉しそうなちっちゃなひよよにお友達は・・・?
「ひよよとお友達の優しさ」の詰まった絵本をぜひ楽しんでください!

出版社「MIKI HOUSE」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。