絵本

はてなし世界の入口

出版社からの内容紹介あらすじ

大きな数、もっと大きな数、もっともっと大きな。

1無量大数という数は、10000……と、0が68こもならびます。でも頭の中でなら、もっと大きな数だって作れます。1無量大数を1000こ集めて1「ふしぎ」とか。大きな数を考えていくときりがありませんが、小さな数だってきりなく考えられます。合わせた鏡にうつる姿もきりがなく、「ニワトリが先か、たまごが先か」という話もきりがなく続きます。そんな果てのない世界へみなさんをご案内いたします。

絵本「はてなし世界の入口」の一コマ

絵本「はてなし世界の入口」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。