絵本
北国からの動物記

ハクチョウ

出版社からの内容紹介あらすじ

観察を続ける竹田津さんは、しだいにハクチョウの気持ちに共感してゆきます。ペアの愛情、飛翔の迫力、寒さとの戦いなどを描く。

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。