絵本

歯がぬけた

歯が生え変わることや歯の大切さを教えてくれる絵本。抜けた歯は屋根に投げるといいの?

この絵本の内容紹介あらすじ

少年は、お父さんとお母さんと食卓を囲んでご飯を食べているとガリっと石を噛んでしまいます。
口の中から石を出してみると、これは石ではなくて、乳歯だったのです。

抜けたのは下のまんなかの歯。息がスースー漏れるので少年はとっても楽しそうです。
おかずのコーンを歯が抜けたところに挟んでみたり、ジュースのストローを抜けた場所に挿して飲んでみたり、とってもワンパクな少年です。

お父さんとお母さんに乳歯と永久歯の違いを教えてもらったり、歯の大切さを教えてもらった少年は、抜けた歯を綺麗なビンに保存することにします。

抜けた歯が入ったビンをお母さんに見せると、お母さんは歯の捨て方を教えてくれます。
下の歯だったら屋根の上に、上の歯だったら縁の下に、「ねずみの歯より強くなあれ」と大きな声で言いながら投げるのです。

でも、少年が住んでいるのは団地なので屋根も縁の下もありません。少年は、ねずみみたいな歯になってしまうのかと不安になります。

でも、大丈夫。外国では抜けた歯を枕元に置いておくと妖精がやってきてコインに変えてくれるんだとお父さんが教えてくれました。

歯が生え変わることや歯の大切さを教えてくれる絵本です。とっても素敵な迷信も紹介されているので乳歯が抜けるのが楽しみになるお子さんもいるかもしれませんね。

乳歯がグラグラする経験を初めてしたお子さんの不安を解消してあげるのにもぴったりな絵本です。

出版社からの内容紹介

歯がぬける、歯が生え変わるということをテーマに描いた絵本。

ごはんを食べていたら歯がぬけた。前からぐらぐらしていたんだけど、ついにぬけた! 歯が抜けたところにコーンを挟んでみたり、ストローを入れてジュースを飲んだりしてみた。ところで、この歯どうしようかな? お母さんが小さい時は、歯が抜けたら下の歯は屋根の上に、上の歯はえんの下に捨ててたんだって。外国では、ぬけた歯をまくらもとに置いておくと、朝起きた時、妖精がコインにかえてくれてるんだってさ。

家庭訪問に来た先生にも抜けた歯を見せてあげた。「おもしろいコレクションだね」だって。そこで、ぼくはいいことを思いついた! 自分の歯をとっておいて、おじいさんになったとき、この歯で入れ歯をつくるっていうんだけど、どうかなぁ。このアイディア。

リズミカルな文章とデフォルメのされた絵で、歯にまつわるエピソードをユニークに描いた一冊。歯の大切さも学べます。

出版社「PHP研究所」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。