絵本

ふたりのなまけもの

出版社からの内容紹介あらすじ

一日中、何にもしないで、ふらついているなまけものが、ある日、輪をかけたなまけもの に、出会った。
空腹のまま、クワの木の下で昼寝をしていた二人。偶然、熟れたクワの実が口にとびこんできて、あまりのうまさに、起き上がって、競って食べる。
なまけものが背負っていた握り飯も食べて、二人は、からだを動かせば、うまいものが食べられると、納得。

出版社「アスラン書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。