絵本

ぼくのだ!わたしのよ!

譲り合ったり共有し合ったり、分かち合うことの大切さを描いた物語。

この絵本の内容紹介あらすじ

虹ヶ池の真ん中には小さな島があり、三匹の喧嘩好きのカエルが住んでいます。このカエルたちの名前はそれぞれ、ミルトン、ルーパート、リディア。明け方から夕方まで喧嘩ばかりの毎日です。

あるときは、ミルトンが「池に入るな!」と他の二匹のカエルに叫びます。池の水は自分のものだとミルトンは主張するのです。

あるときは、ルーパートが「島から出て行け!」と他の二匹のカエルに怒鳴ります。島の地面は自分のものだとルーパートは主張するのです。

またあるときは、リディアが「私の空気よ!」と喚きながら他の二匹のカエルに主張するのです。

そんなあるとき、島の向こう側に住んでいるという大きなヒキガエルが三匹のカエルの元を訪れます。昼も夜も「ぼくのだ!わたしのだ!」と喧嘩する声が聞こえて、心が休まる暇がないのだとヒキガエルは言います。それから、喧嘩を辞めるように三匹のカエルに言うと、草の間を跳ねて帰っていくのでした。

ところが、ヒキガエルに忠告を受けたそのすぐあとで三匹のカエルはまたもや喧嘩を始めてしまいます。
ミルトンが大きな虫を見つけて追いかけていくのですが、他の二匹が「みんなのものだ!」と言うのに対してミルトンは「ぼくのだ!」と主張するのです。

そんなある日、空が突然と暗くなると嵐がやってきました。雷が轟き、雨が滝のように降り注ぎ、池は泥沼になったかと思うと、次は池の水が溢れ出て島はどんどん小さくなっていくのでした。

三匹のカエルは、嵐の恐ろしさに震えながらも水面よりも高いところにある石にそれぞれ必死にしがみつきます。
ところが、雨が滝のように降り注ぐと、カエルのしがみついている石も水の中に飲み込まれてしまいます。そして、最後に一つだけ残った石に三匹のカエルは一緒にしがみつくことになるのですが・・・・。


「ぼくのだ!わたしのだ!」と言って、譲り合ったり共有し合ったりすることができない三匹のカエルたちですが、仲良くできる日は来るのでしょうか。
嵐のなかを必死に耐える三匹のカエルたちに思いも寄らない予想外の出来事が発生します。そして、この予想外の出来事は、喧嘩ばかりの三匹のカエルの大きな転機となるのです。

この絵本は、譲り合ったり共有し合ったり、分かち合うことの大切さを描きます。

出版社からの内容紹介

虹ヶ池の真ん中の小さな島にけんかの好きな三匹の蛙が住んでいました。「これは僕のだ!」「あれは私のよ!」と年中けんかのしどうしでした。そしてある日・・・

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。