絵本

ぼくの ともだち おつきさま

言葉がなくても心と心で通じ合える。そんな素敵な出会いに改めて感謝の気持ちが湧いてくる絵本。心に染みる美しい物語に癒されることでしょう。

この絵本の内容紹介あらすじ

「きがつくと きみが いた。 おもいがけない であい。」
手漕ぎの船に乗った男性が空を見上げるとそこには三日月が淡く輝いています。

男性が拡声器を使って「こんばんは。」と声をかけるとお月様はびっくり!
でも、ふたりはすぐに仲良しになりました。二人の間に言葉はいりません。ただ一緒にいるだけでお互いに楽しくて嬉しいのです。

夜の時間はあっという間に過ぎ去っていくと、もうすぐ夜明け。太陽が昇るとお月様は見えなくなってしまいます。

そこで男性はお月様を船に乗せると陸まで漕ぎ、羽のように軽いお月様を抱えておうちに連れて帰るのでした。
お月様をおうちに招待するとまた楽しくて嬉しい時間をお互いに過ごすことができます。
まずは、ピアノを演奏しながら歌を歌い、次は軽快にワルツを一緒に踊ります。本を読んだり、食事をしたり、二人の不思議な出会いは幸せを運んできたのです。

この絵本は、お月様との不思議な素敵な出会いのお話ですが、「出会い」の素晴らしさを改めて感じさせてくれます。
あなたにとってのお月様のような存在は誰でしょう。言葉がなくても心と心で通じ合えるような関係と言えば、家族や恋人、親友かもしれませんね。
そんな素敵な人との出会いに改めて感謝の気持ちが湧いてくる、そんな絵本です。

温かみのあるイラストと温かみのあるストーリーにほっこり癒されること間違いなしです。

出版社からの内容紹介

大切なひとに贈りたい、珠玉の1冊。
夜のまんなかで出会った「きみ」と「ぼく」……。

気がつくと、きみがいた……。夜のまんなかで、「ぼく」が出会ったのは「おつきさま」。その瞬間から、心にしみる美しい物語がはじまります……。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。