絵本

バムとケロのさむいあさ

凍った池で身動きが取れなくなっていたのはアヒルのかいちゃん!?

この絵本の内容紹介あらすじ

火曜日の朝、バムが目を覚ますと、池が凍るのではないかと思うほど空気が冷えていました。

バムが顔を洗って熱々のスープを作っていると、ようやくケロちゃんが起きてきました。バムとケロちゃんは朝食を仲良く済ませ、それからスケート靴と釣り道具を持って池に遊びに出掛けることにするのでした。

池に着くと、予想通りに水面はカチカチに凍っています。ふたりがスケート靴にさっそく履き替え始めたところ、「くわっ・・・・・」と変な音が聞こえてきました。

その音の正体は、アヒルの鳴き声。カチカチに凍った池の水でアヒルは身動きが取れなくなっていたのです。
バムとケロちゃんは、アヒルを見つけると驚きを隠せません。池からアヒルを救出しようと凍った水面をを砕きます。そうして、アヒルを水面から引き上げると、次は急いで家に連れ帰り、温かいお風呂に入れるのでした。

それからバムとケロちゃんも一緒にお風呂に入って、アヒルにお湯を掛けてあげたり、体を洗ってあげたり。ようやくアヒルが元気を取り戻したころ、「ぼこ ぽこ ぽこっ・・・・・」とケロちゃんがお風呂でオナラをしたのでさあ大変。あまりの臭さにバムとアヒルは大慌てでお風呂から飛び出しました。

そうこうしているうちにバムとケロちゃんは、あっという間にアヒルと仲良くなりました。
このアヒルの名前は、かいちゃん。夜遅くまで星空を眺めていると、気づいたころには水面で凍っていたのでした。

ケロちゃんは、かいちゃんのお世話に一生懸命。すっかりかいちゃんに懐いたケロちゃんは、ベッタリくっついて離れません。トイレに着いていったり、どこそこ家中を連れ回したり。しまいには遊び疲れてソファーでいつの間にやら眠ってしまうのでした。

ところが翌日、目が覚めるとかいちゃんの姿がありません。ケロちゃんはショックのあまり涙が止まりません。そこで、かいちゃんを探しに昨日の池に行くのですが・・・。


穏やかなバムとお転婆なケロちゃんの様子が微笑ましい絵本。最後はまたもやかいちゃんに悲劇が訪れるのですが、クスクスと笑いが込み上げる展開です。

出版社からの内容紹介

はなが凍りそうな火曜日の寒い朝,こんな日は池も凍っているはず。そこで見つけたのは,池と一緒に凍っているあひるのかいちゃん。

出版社「文溪堂」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。