絵本

バムとケロのにちようび

せっかくの日曜日だというのに外は雨。そこで読書をして過ごすことにしたバムですが・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

せっかくの日曜日だというのに外では雨が降っています。
バムは窓から外を眺めながら浮かない表情。サッカーも砂遊びもできないのでガッカリしています。
一方、ケロちゃんは水溜まりで跳び跳ねておおはしゃぎです。

仕方がないので、バムは家の中でおとなしく読書をすることにしました。
ところが、ケロちゃんが散らかしたままの部屋を片付けなければ、落ち着いて読書もできません。そこで、バムは掃除機を掛けたり雑巾掛けをしたり収納したり。一生懸命に掃除をして、ようやく部屋は綺麗になったのですが・・・。

バムの苦労も水の泡。泥んこだらけのケロちゃんが帰ってくると、部屋中を泥んこまみれにしてしまうのでした。

バムは呆れながらもケロちゃんを風呂に入れ、それからふたり一緒に掃除のやり直しです。
そして、ようやく部屋が綺麗になると、次は読書のお供のおやつ作りです。生地を捏ねて型を抜いて、それから油で揚げれば美味しいドーナツの出来上がり。

ようやく読書の準備も大詰めです。あとは読む本を選ぶだけ。
バムは持っている本はどれも読んでしまったので、屋根裏部屋から本を探すことにするのでした。

屋根裏部屋には古いものがたくさん。おじいちゃんが大切にしていた飛行機の本を探し始めます。
ところが、屋根裏部屋で身の毛もよだつ出来事が・・・。


せっかくの日曜日だというのにトラブル続きのバム。穏やかな読書の時間はやってくるのでしょうか。
世話焼きで落ち着いたバムの性格とお転婆で自由奔放なケロちゃんの性格の対照的な様子が微笑ましい絵本です。

出版社からの内容紹介

雨の日曜日。サッカーもすなあそびもできない。そんな日には,ちらかったへやをかたづけて,おかしを用意して,それから本を読もうと……。

出版社「文溪堂」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。