絵本

ありがとうターブゥ

出版社からの内容紹介あらすじ

渡辺満里奈がてがける、初の絵本。

「こんな時、なんて言えばいいんだろう?」
こぶたのターブゥは、お母さんから頼まれた大切な言葉を忘れてしまいます。
仲間と考えながら歩いていくうちに……。
子どもが言葉を覚えていくことを旅に例えた、渡辺満里奈 初めての絵本!

「声に出して伝えたいことば。
こぶたのターブゥは、わすれんぼうで ちょっとぬけてる男の子です。
ターブゥはこれから、いろんな言葉を覚えていきます。
はじめの一歩は、誰かの役に立つことのうれしさを絵本にしたいと思いました。」――渡辺満里奈

出版社「エムオン・エンタテインメント」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。