絵本

あきやさいのあきわっしょい!

野菜たちの言葉遊びが愉快で楽しい絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

畑広場では秋のお祭りの開催です。お芋のお神輿を担いで「わっしょいも!わっしょいも!」と元気に出発します。

続いて野菜のお神輿が「ヤッサイ!ヤッサイ!」と元気に神輿を担いでやってきます。

「ちょっと まったけ」とやってきたのは、きのこのお神輿。
三つの神輿は、けんか神輿だと言って元気にぶつかり合います。

そこに登場したのは、きらびやかに盛り付けられた果物の乗り物です。
次は、みんなで競争を始めます。最初は楽しそうな野菜達ですが、夢中で競争していると、いつの間にやら暗い森の中に迷い込んでしまうのでした。

さらに、暗くて怖い森の中に大きなオバケが突然現れます。野菜達はびっくり仰天。このオバケの正体はなんだったのでしょう。

「ちょっと まってくり」「なしに かなうもんなし」と、それぞれの野菜たちの言葉遊びを交えながらお話が展開される愉快で楽しい絵本です。
野菜が苦手な子どもたちもユーモアたっぷりな野菜のキャラクター達を目にすれば、喜んで野菜を食べてくれるようになるかもしれませんね。たくさんの秋野菜が次々と登場する、食欲の秋にぴったりの絵本です。

出版社からの内容紹介

今日はお祭り。おイモのおみこしが出発だ!わっしょイモ、わっしょイモ。続いて野菜のおみこしが、ヤッサイ、ヤッサイ。ちょっとマツタケ!キノコのおみこしもやってきて、賑やかな秋祭りになっています。

出版社「ひかりのくに」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。