絵本
かいじゅうくんとかえるくん

あかちゃんとおるすばん

出版社からの内容紹介あらすじ

かいじゅう君は赤ちゃんをあずかることになりました。 赤ちゃんがおとなしく寝ているところへ、いきなりドアベルを大きく鳴らしてやってきたのは、かえる君。 赤ちゃんは目を覚まして泣き出してしまいました。 オムツを換えたり、ミルクをあげたり、あやしたり・・・。 でも、赤ちゃんは泣きやみません。赤ちゃんが欲しかったものは、おしゃぶりだったのです。

出版社「アスラン書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。