絵本

3びきのくま

くまさんの留守宅でいたずら三昧!?その犯人は月の妖精!ロシアの昔話を描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

ロシアの昔話「3びきのくま」をアイヌの女の子を主人公にして描かれたお話です。

満月の夜、クマの一家は森へ散歩に出かけていきました。それを見ていた月の妖精チュプは「イランカラプテ(こんにちは)」と勝手にクマのおうちに入って行きます。

テーブルの前に椅子が3つ。大きい椅子は大きすぎる。中くらいもまだ大きい。小さい椅子がぴったりと思ったら、壊れてしまいます。

テーブルの上にスープが3つあります。大きい器は熱すぎる。中くらいは冷たい。小さいスープはとってもおいしくて完食です!

ベッドも大きいベッド・中くらいのベッド・小さいベッドと並んでいます。小さいベッドでぐっすり眠って気持ちいい!と思ったらそこにクマが戻ってきて・・・。

一言で言ってしまえばチュプは空き巣です!しかもいろんな部屋に行って大中小の中から自分の好きなものを選んで使う図々しさったら・・。
悪いのはチュプなのですが、クマが家に戻ってからの臨場感のある月の精チュプとクマの捕り物の様子は、なかなかの迫力で、ついついチュプがこの先どうなるのかとドキドキしてしまいます。

子どもの持つ冒険心と悪戯な気持ち・スリル感を満たしてくれるといった点が、世界の昔話として長く親しまれている理由なのでしょう。このお話では主人公が月に消えていくところがファンタジーっぽく終わっていて面白いです。

大人世代は、昔ながらの緑の表紙の絵本(トルストイ作)のほうがなじみ深いかもしれません。あれはちょっと怖かった・・と子ども心に思っていた方もいるのではないでしょうか。

他にいもとようこさん、片山健さんなど名だたる作家さんたちの手で絵本化されていて、ストーリーも微妙に違っています。

そのなかで、アイヌの女の子が主人公という設定と、歌う感じのセリフが楽しい、工藤有為子さんバージョンを紹介しました。

それぞれに違うお話のようにバラエティーに富んでいますので読み比べもおすすめです。

出版社からの内容紹介

ここは北の森の奧深く、ある満月の夜、月に誘われて3びきのくまは散歩に出かけます。それを木の陰から見ている女の子の影…。それは月の精のチュプでした。ここではで生きものたちは自然を表す言葉をもつアイヌ語を話すのです。元気いっぱいのチュプは、くまの家に入りこみ…。くまたちの気配は、野性味あふれ、月あかりにぎらりと光る爪をもち、ぞくりとする猛々しさ。くまに見つかったチュプはするりと姿をかえ、光となって月にきえていきます。両者が言葉を交わすことなく別れてゆくことを、「もともと別々の世界に暮らす者同士であると考えた」という工藤さん。チュプが月の光として、再びくまの家に入り込んでくることもあるでしょう。大きなものに守られていることの深い余韻と静かな幸福感。アイヌ語の取材もきっちりした工藤さんの初絵本をあべさんががっちりと受け止め、北海道の2人ならではの新たな傑作「3びきのくま」の誕生です。

出版社「フェリシモ出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。