絵本

11ぴきのねことぶた

旅先で見つけたあばら家に勝手に住み始めると、持ち主らしきブタがやってきて・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

11ぴきのねこ達が黄色いトラックに乗って旅に出かけました。広い原っぱを眺めながら田舎道を進んでいくと、丘の上に古い家を見つけます。

トラ猫大将が車を停めて古い家の中を覗いてみると、その家は誰も住んでいない様子。そこで11ぴきのねこ達は、この古い家に泊まることにしました。家の中はとっても汚れているので、箒でホコリを掃き、雑巾で床を磨き、一生懸命に掃除を始めます。

そして、ようやく部屋の中が綺麗になると、11ぴきのねこ達は、この家を住処すみかにすることにしました。

ところが、ブタが訪ねてきて「このへんに、ぼくのおじさんのいえがあるんだが、こちらですかな」と言うのです。11ぴきのねこ達は、自分達の家だと主張して、ブタを追い返してしまいます。

11ぴきのねこ達は、変な人が訪ねてこないようにと、「11ぴきのねこのいえ」と書いた看板を我が物顔で家の前に立てました。

そこに、またブタがやってきて、丸太を運んで隣の丘に家を作り始めます。ところが、ブタが家を作っていると雨が降り始めました。びしょ濡れになったブタが可哀想に思えてくると、11ぴきのねこ達は家に招き入れることにしました。

そして、ブタの家作りを手伝うことにした11ぴきのねこ達は、設計図を書くと、さっそく作業に取り掛かります。そうしてようやく立派な家ができるのですが・・・。

憎らしいけど愛らしい11匹のねこ達。ブタのとぼけた表情がなんとも言えない。そんなユーモア溢れる絵本です。

出版社からの内容紹介

11ぴきのねこが旅に出ました。11ぴきは旅先で一軒のあばら家を見つけ、勝手に住み家にしてしまいます。そこに、「このへんに、僕のおじさんの家があるんだが…」というブタがやってきて…。家をめぐる珍騒動。

出版社「こぐま社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。