栗林 慧くりばやし さとしの絵本一覧(3件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1939年中国大陸で生まれる。
理科や工作が好きだった幼少期、1953年にディズニーが公開した「砂漠は生きている」というドキュメンタリーの映画を鑑賞したのを機に、映像の世界に惹かれていく。
その後、自衛隊員、保険会社社員の傍ら専門学校にて写真技術を学ぶ。1969年よりフリーの写真家となる。 1977年に長崎県に移り住み、昆虫を中心とした生態写真の撮影を精力的に行う。独自の工夫による昆虫スナップカメラを開発、アリ等の小型昆虫の接写技術を確立。その後、センサーを利用した撮影システム、5万分の1秒の高速ストロボ、超被写界深度接写カメラなどを次々に開発、唯一無二の生態写真を40年以上にわたり撮影し続けてきた。
1978年日本写真協会新人賞、1979年伊奈信男賞を受賞。2006年には科学写真のノーベル賞とも言われるレナート・ニルソン賞、2008年には紫綬褒章も受賞。

著者プロフィールの出典元
これは なみだ?

これは なみだ?

栗林 慧福音館書店

花のはなびらのおくにたまっていた蜜が、雨つゆで希釈されて大つぶのしずくとなり、風にふかれて葉の上に落ちたとき、アリたちのドラマが始まりま...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

アリから みると

アリから みると

桑原 隆一福音館書店

栗林慧さんは以前、5万分の1秒という驚異的な瞬間を撮すカメラを開発して、今まで誰も見ることのできなかった虫の世界を見せてくれました。それ...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

アリのたんけん

アリのたんけん

栗林 慧小学館

主人公のアリの探検を描いた全編写真の絵本です。アリがご飯を探しに行き様々な昆虫と出会うシンプルなお話ですが、アリ目線の超接近写真は迫力満...

3歳 4歳 5歳 6歳 7歳以上 夏

続きを読む