清水 道尾しみず みちを

この著者の絵本一覧

1933年、岐阜市に生まれる。児童文学作家、研究者。1968年、自宅で子供図書館をひらき、本を仲立ちとして、子どもたちと接しながら、子どもの本の研究・普及・創造活動の一体的な深まりをめざすようになる。

著者プロフィールの出典元
もうすぐおねえちゃん

もうすぐおねえちゃん

しみず みちを岩崎書店

もうすぐ妹か弟ができるみほちゃんの心は複雑。おねえちゃんになるみほちゃんの幼い心の微妙な心理を見事に描き出した絵本。

あかちゃん 2歳

続きを読む

はじめてのおるすばん

はじめてのおるすばん

しみず みちを岩崎書店

ことし3つのみほちゃんが、ひとりではじめてのおるすばんをすることになり…。幼い心の不安と成長を温かい母親の目で描きます。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ちいちゃんのさんぽ

ちいちゃんのさんぽ

しみず みちをほるぷ出版

小さな女の子ちいちゃんは、ぴよぴよサンダルを履いてお散歩に出かけます。「♪らららん るるるん ぴい ぴい ぴい」とちいちゃんは楽しそうにお出か...

2歳 3歳 4歳 春

続きを読む